ときどき日記

新田保育園のブログです。

ときどき日記

不思議!

IMG_1978

 庭の砂場に山をつくり、穴を掘って道もつくった4歳児りす組の子ども達。

「水を流してみよう」と小さなバケツに水を入れ、ワクワクしながら水を流しました。

「あれ?水が消えちゃったよ」「もっとたくさん水を流せばいいんじゃない?」

「1人じゃ持てない、手伝って」2人で大きなバケツに水を入れて運びます。

「いくよ~」「あれ?またなくなっちゃった」「なんで?」

「今日暑いから、砂場も水飲みたいんじゃん」

「そんな訳ないじゃん、砂場なんだから」「砂場の中の虫が飲むんじゃない?」

その後もいろいろ議論した結果、「もっと、もっと水を運んで保育園を川の中にしよう」

・・・となり、協力して遊びをたのしんでいました。

 川の中の保育園か~それもたのしそうですね。

2018年10月17日

おだんご完成!

IMG_1985

 自分たちで作ったおだんごです。

感触をたのしみ、指先や手の平を使い作りました。

大きさが様々ですね。

すすきとおだんご・・・主役の月は?

「今度夜に、ママと見ればいいよ」と子どもたち。

みんなの幸せと健康を願います!

2018年10月03日

お月見

IMG_1935

 9月下旬、幼児組で料理保育『おだんごづくり』を行ないました。

ホールに集まり、お月見の話。

なぜ、だんごやすすきを飾るのかなどの

話を真剣に聞く子どもたちでした。

その後、3・4・5歳児(運動会スキップ入場)の

3人組に分かれて、おだんごを作りました。

2018年10月03日

非常食体験

IMG_1764

 9月上旬、避難訓練を行ない幼児組で非常食を食べました。「地震が起きたら・・・」という話をした後、栄養士指導のもと、食事を子ども達の目の前で作ります。備蓄の水を加えてできるアルファー米の五目御飯とレトルトの豚汁です。今回はお湯を使用した為、20分で完成。「いいにおい」「ふつうにおいしいよ」「すこしからい」と感想を述べていました。

2018年09月12日

りす合宿アンケートより

IMG_24

4歳児りす組の合宿より約2週間が経ちます。
りす合宿、保護者の感想をお伝えします。

 

<りす合宿アンケートより>

・本当に楽しかったみたいで、家に着くと「さびしい・・・」と言って泣きました。

 「合宿のことを話すと、さびしくなっちゃうから話したくない」と言われ

 あまり聞き出せていません。さびしくて泣くほど、たのしい経験をさせてもらって

 感謝しています。友だちとの絆が深まったのではと思います。

 親と離れても大丈夫なほどに成長したんだなぁと実感しました。

 

・夜ご飯のメニュー表と、キーホルダー(プレゼント)を見ただけでも、

 先生方の子どもを楽しませようという想いが伝わってきました。

 帰宅後は疲れたのか、少しイライラするようなこともありましたが、

 翌日は、心なしかお兄さんっぽくなっていました。

 

・家に着いてからの第一声は「もっと合宿したかったなぁ」でした。

 子どもたちが、夜の9時に就寝予定だったので、それまではたまたま通り

 かかったフリをして、保育園に行って様子を見たくて仕方がありませんでした。

 楽しんでいるか不安で、寂しかったです。やる事が無さ過ぎて、手持ち無沙汰でした。

 すごくたのしそうに、合宿であった事を語る子どもを見て親として

 子どもの心の成長が感じられ嬉しいです。大きくなったことを実感しつつ、

 まだまだ「抱っこして」と甘える子どものままでいてほしいと

 複雑な思いを感じました。

 

 様々なご協力ありがとうございました。

りす合宿は、保育園に泊まるため、全職員が色んな形で参加できます。

子どもの真剣な姿に、大笑いしたり心を打たれたり・・・

1番楽しんでいたのは、私達職員かもしれません。

 

今でも、ぞう組合宿・りす組合宿の話は尽きません。

来年の合宿もたのしみです!

2018年07月11日

力がモリモリ!

IMG_1758

 次は、キャンプファイヤーと花火です。ここでも絵本に出てくる

魔法使いが、たいまつで火を灯してくれました。

たのしいやりとりの中で、子どもたちが気に入ったのは

みんなで一緒に楽しんだ「モリモリ」ポーズ。

子どもたちの心を掴んだ、魔法使いは・・・どこかでみたことあるなあ~

「火をありがとう」と感謝を伝えていました。

最後は、みんなで夜のお散歩『ちょうちん行列』

 

たくさん遊んで、色んな人と出会って、大興奮の1日はこうして終わりました。

 

 

2018年07月06日
» 続きを読む