ときどき日記

レストランは・・・

IMG_2549

 おみせやさんごっこの、もう一つの大イベントが、レストランのメニュー決めです。

今年は、最後まで『おこさまランチ』VS『シュウマイ弁当』で意見が分かれました。

シュウマイ弁当も食べたかったな~。

2018年11月29日

そして・・・おばけやしき

IMG_2506

 ま、まっくら~

今年は、子ども達から「おみせやさんとおばけやしきをやりたい」という意見がでました。

懐中電灯を使い、「さわさわさわ~」「うわ~」と脅かし、大盛況でした。

2018年11月29日

おみせやさん作品3

IMG_2491

 真中の作品はスマートホン。5歳児の作品です。

ピンクの作品は・・・うさぎのカスタネット。1歳児の作品です。

他にも、たくさんの作品を作りました!

2018年11月29日

おみせやさんの作品

IMG_2470

 素敵な帽子は、2歳児の作品。

かわいいいお面とカバンは、3歳児の作品です。

2018年11月29日

4歳児主催『おみせやさん』

IMG_2466

 「いらっしゃいませ~」と元気な声で、4歳児りす組『おみせやさん』開店です。

4歳児の作品はもちろん、1歳児から5歳児までの作品が並びます!

4歳児の作品、お寿司とラーメンです。

2018年11月29日

祝!70周年

IMG_3369

 70周年文化行事及び記念式典を、11月10日・11日に行ないました。

在園児・卒園児・卒園父母・地域の方や保育関係者・旧職員とたくさんの方々に

参加していただき、素敵な時間を過ごしました。

本当に多くの方々の支えられ、新田保育園がここにあるのだと実感しました。

心より感謝いたします。ありがとうございました。

 

70周年記念誌には、歴史と大切にしてきた保育や子ども達の姿を載せました。

記念誌の『70のおはなし』最後のページは、野村園長の『新田保育園のこれから』という

文章でしめくくっています。

 

 たくさんお話して たくさん笑って
 けんかして よく泣いたら 仲直り
 どろんこで 真っ黒になって
 ピアノと一緒に 歌って リズムして
 晴れたら おさんぽ 雨は 階段マット ねんどかな
 ねずみばぁさん おもしろかったね
 先生の声が ほんとうの ねずみばぁさんみたい こわいんだ
 登り棒 一人で登れるようになったんだ
 お友達が応援してくれたの うれしかった
 きょうも 保育園楽しかった
 あしたは 料理保育するんだって あしたのあしたは 健康体育
 さようなら またあしたね さようなら あしたも遊ぼうね
 サロンのお母さん子ども達も あしたも来てね 一緒に遊びましょう
 子ども達の 幸せな世界が これからも 続いていきますように

 戦争が終わって 新田保育園ができて
 ここまでの70年 
 日本には戦争がありませんでした
 「子ども達を戦場に送ってはならない」
 「笛で動く人間をつくらない」 先輩からの 大事な大事な言葉

 そのためには  
 話し合いを大切にしたいのです
 忙しく 時が流れる中
 もうちょっと 時間があったらいいな
 お庭も ちょっとだけで良いから
 広くして お池も作ってしまいましょう
 お迎えのお母さん達が ホッとできる喫茶コーナーと時間のゆとり

 園児の数ではなく 定員で補助金が支給されたら
 安定した 園運営ができる 

 先生達の 働く環境も
 6時間 保育にあたったら 
 2時間は 事務と明日の準備
 保育士の 子ども一人当たりの配置基準も
 0歳 2人対1人の先生
 1歳 3人対1人の先生
 2歳 5人対1人の先生
 3歳 8人対1人の先生
 4歳5歳 10人対1人の先生
 このくらいに 拡充できたら
 腰を痛めて 整骨院に通う先生も 志半ばで辞める先生も 
 いなくなるかも しれないな

 そして 新田の町の中で 皆さんに愛されて
 卒園児や 卒園保護者が 実家に帰ってくるように
 新田保育園に 帰ってくる

 まだまだ まだまだ やることたくさん
 これからも 新田保育園は 地域の子育ての拠点として
 先輩方から引き継いだ 理念と高い志
 力を合わせて 力を借りて
 新田2丁目1番10号に 存在し続けます
                     園長 野村 陽子


私達職員も、かさねてきた今を大切に、これからも新田保育園の未来をつないで行きます。

今後もよろしくお願いします。

参加できなかった方や卒園生のみなさん!いつでも遊びにきてください。

記念誌もお渡しいたします。


2018年11月21日

いよいよ70周年記念行事です!

IMG_2235

 11月10日~11日に、70周年記念行事を行ないます。

子ども達には、『荒馬座公演』を楽しんでもらいます。

在園児はもちろん、卒園児や地域の子ども達も参加できる企画にしました。

みんなで70周年をお祝いしましょう。

写真の垂れ幕は、69期生の父母よりご寄贈いただきました。

心より感謝いたします。

2018年11月08日

70周年記念運動会

IMG_2236

 10月20日(土)『70周年記念運動会』が、青空の下行なわれました。

子ども達の姿に、感動や元気をもらいましたね。

様々なご協力ありがとうございました。

地域の方々にも心より御礼申し上げます。

 

<運動会アンケートより>

・「お腹減った!」とお昼ご飯をモリモリ食べ、お昼寝もしっかりしました。

 運動会で撮影した動画も「もう一回!」と何度も再生し、

 自分の頑張った姿に見入っていました。

 園の直接的な関係者だけでなく、町会の方や近隣の保育園の先生方も

 招待していたことに、地域密着でオープンな風通しの良い園であることが伝わりました。

 我が子が園で友達とうまくやっているか、協調性はあるかなど知れる、

 とても有意義な時間でした。

 子ども達同様に、運動会を楽しんでいらっしゃる先生方の姿、

 子ども達の頑張りを、心から喜び笑顔あふれる先生方の姿を見て

 新田保育園に通わせることができて、本当によかったと思います。

 

・はじまる前は不安がっていて、足が痛いから走らないと言っていたが、

 同じクラスの友達の姿を見て、自分もやりたいと感じ、最後には人一倍

 楽しんでいた。「来年はぞう組(年長)で頑張る」と言っていた。

 子ども・親・保育園が一体となり、子どもの成長を見守る

 やさしい運動会だと思いました。子ども一人ひとりがきちんと最後

 ゴールするまで、あせらすことなく時間を使う運営は、とても良いです。

 父母の会の競技も、みんな参加しやすく、楽しい雰囲気で良かったです。

 

・「楽しかったね~」というと「楽しかったね~」と言っていました。

 とても感動しました。一番すばらしいのは、子どもの日常の頑張りが見える(報われる)

 運動会ということ。

 個人差のつきやすい時期(月齢や性格)に保育園でたのしくやってきたことが

 そのまま運動会にスムーズにつながるプログラムなんだ~!とビックリ。

 今のできることより少し上をめざし、子どもの可能性を伸ばしながらも

 プログラムの内容は『その日限りの目標』ではなく、親しみやすい安心するもの(絵本など)。

 遊んでいるような楽しさの中の特別な一日という感じ・・・

 内容もですが、子どもをだらっとさせない進行のスムーズさにも、先生やお父さんの

 頑張りがあるのだろうな~と感動しました。

 

その他のご意見等も、来年に活かしたいと思います。ご協力ありがとうございました。

 

 

2018年11月08日

不思議!

IMG_1978

 庭の砂場に山をつくり、穴を掘って道もつくった4歳児りす組の子ども達。

「水を流してみよう」と小さなバケツに水を入れ、ワクワクしながら水を流しました。

「あれ?水が消えちゃったよ」「もっとたくさん水を流せばいいんじゃない?」

「1人じゃ持てない、手伝って」2人で大きなバケツに水を入れて運びます。

「いくよ~」「あれ?またなくなっちゃった」「なんで?」

「今日暑いから、砂場も水飲みたいんじゃん」

「そんな訳ないじゃん、砂場なんだから」「砂場の中の虫が飲むんじゃない?」

その後もいろいろ議論した結果、「もっと、もっと水を運んで保育園を川の中にしよう」

・・・となり、協力して遊びをたのしんでいました。

 川の中の保育園か~それもたのしそうですね。

2018年10月17日

おだんご完成!

IMG_1985

 自分たちで作ったおだんごです。

感触をたのしみ、指先や手の平を使い作りました。

大きさが様々ですね。

すすきとおだんご・・・主役の月は?

「今度夜に、ママと見ればいいよ」と子どもたち。

みんなの幸せと健康を願います!

2018年10月03日

お月見

IMG_1935

 9月下旬、幼児組で料理保育『おだんごづくり』を行ないました。

ホールに集まり、お月見の話。

なぜ、だんごやすすきを飾るのかなどの

話を真剣に聞く子どもたちでした。

その後、3・4・5歳児(運動会スキップ入場)の

3人組に分かれて、おだんごを作りました。

2018年10月03日

非常食体験

IMG_1764

 9月上旬、避難訓練を行ない幼児組で非常食を食べました。「地震が起きたら・・・」という話をした後、栄養士指導のもと、食事を子ども達の目の前で作ります。備蓄の水を加えてできるアルファー米の五目御飯とレトルトの豚汁です。今回はお湯を使用した為、20分で完成。「いいにおい」「ふつうにおいしいよ」「すこしからい」と感想を述べていました。

2018年09月12日

りす合宿アンケートより

IMG_24

4歳児りす組の合宿より約2週間が経ちます。
りす合宿、保護者の感想をお伝えします。

 

<りす合宿アンケートより>

・本当に楽しかったみたいで、家に着くと「さびしい・・・」と言って泣きました。

 「合宿のことを話すと、さびしくなっちゃうから話したくない」と言われ

 あまり聞き出せていません。さびしくて泣くほど、たのしい経験をさせてもらって

 感謝しています。友だちとの絆が深まったのではと思います。

 親と離れても大丈夫なほどに成長したんだなぁと実感しました。

 

・夜ご飯のメニュー表と、キーホルダー(プレゼント)を見ただけでも、

 先生方の子どもを楽しませようという想いが伝わってきました。

 帰宅後は疲れたのか、少しイライラするようなこともありましたが、

 翌日は、心なしかお兄さんっぽくなっていました。

 

・家に着いてからの第一声は「もっと合宿したかったなぁ」でした。

 子どもたちが、夜の9時に就寝予定だったので、それまではたまたま通り

 かかったフリをして、保育園に行って様子を見たくて仕方がありませんでした。

 楽しんでいるか不安で、寂しかったです。やる事が無さ過ぎて、手持ち無沙汰でした。

 すごくたのしそうに、合宿であった事を語る子どもを見て親として

 子どもの心の成長が感じられ嬉しいです。大きくなったことを実感しつつ、

 まだまだ「抱っこして」と甘える子どものままでいてほしいと

 複雑な思いを感じました。

 

 様々なご協力ありがとうございました。

りす合宿は、保育園に泊まるため、全職員が色んな形で参加できます。

子どもの真剣な姿に、大笑いしたり心を打たれたり・・・

1番楽しんでいたのは、私達職員かもしれません。

 

今でも、ぞう組合宿・りす組合宿の話は尽きません。

来年の合宿もたのしみです!

2018年07月11日

力がモリモリ!

IMG_1758

 次は、キャンプファイヤーと花火です。ここでも絵本に出てくる

魔法使いが、たいまつで火を灯してくれました。

たのしいやりとりの中で、子どもたちが気に入ったのは

みんなで一緒に楽しんだ「モリモリ」ポーズ。

子どもたちの心を掴んだ、魔法使いは・・・どこかでみたことあるなあ~

「火をありがとう」と感謝を伝えていました。

最後は、みんなで夜のお散歩『ちょうちん行列』

 

たくさん遊んで、色んな人と出会って、大興奮の1日はこうして終わりました。

 

 

2018年07月06日

大好きなあの人に会う

image

 さあ、すいか割り!「はいスイカ」と副園長が持ってきたのは

すいかのビーチボール。子どもたちは「えっー・・・」

「どうしよう」と落ち込んでいると・・・

届けてくれました!

みんなが会いたかったあの絵本の主人公が!

「ありがとう」「握手したい」「こわい」と様々な反応でした。

さあ、だれでしょうね~この絵本の主人公は・・・

2018年07月06日

かめを助けて竜宮城へ

IMG_1589

保育園に帰ると、2歳児ことり組が飼っているかめがいません。

りす組の子どもたちも、一緒に探してくれます。

無事にかめが見つかると、竜宮城から招待状が届きました。

ホール入口に『竜宮城』と書かれた看板があり、中に入ってみます。

「いらっしゃいませ~」と、乙姫様や魚たちがお出迎え。

夕食後には、乙姫様と魚たちによる『ダンスショー』が振る舞われ

子どもたちは大笑い(子どもたちのたのしい様子は、写真やビデオでお伝えします)

たのしい時間を共有しました。

2018年07月06日

たのしかったりす合宿

IMG_1429

6月の29日から1泊、保育園でりす組合宿を行ないました。

新田保育園の合宿は、絵本の主人公とやりとりを楽しみます。

今回もお風呂屋さんでさっぱり汗を流した後に、不思議なつぼを発見!

つぼを開けると、絵本のストーリーと同じように、先生たちがへんてこなことを言い出しました。

いつもの先生に戻すには、甘いものを食べなければなりません。

りす組みんなで甘いものを探しました。(写真はみんなで探した甘いもの)

「へんなこと言わない先生に戻ってよかったね」と子ども達も一安心。

 

2018年07月06日

りす合宿

IMG_23

 今日は、4歳児りす組が保育園に1泊するりす合宿です。

お風呂屋さんに行き、宝探しやすいかわり、

キャンプファイヤーにちょうちん行列など

たくさんの楽しいことを体験しました。

そして・・・只今、無事全員就寝しました。

明日の朝にはお迎えです。詳しい子どもの姿は報告会にて。

ホームページでも、後日様子をお伝えします。

2018年06月29日

一般財団法人『篠原欣子記念財団』より助成していただきました!

IMG_0493

 給食室で毎日お味噌汁やカレー作りで大活躍してきた回転釜。

毎日のがんばりで老朽化が進んでしまい、本来の回転機能は失われてしまいました。

 園長としてもそろそろ買い替えをと考えていたところ、

一般財団法人『篠原欣子記念財団』より園の設備や備品を助成して

下さるというお話をいただきました。

5月18日に入れ替え工事を行い、より一層おいしい給食づくりに励める環境が整備できました。

 篠原欣子記念財団に御礼を申し上げます。

長く大切に使用させていただきます。ありがとうございました。

2018年06月12日

合宿アンケートより

IMG_0512

 5歳児ぞう組が、合宿から帰ってきて2週間が経ちます。

ぞう合宿、保護者の感想をお伝えします。

 

<合宿アンケート保護者より>

・こんなに離れるのは初めてでしたので、静かだなあと思いました。

 今頃何をしているのかな・・・と兄と一緒に気にしていました。

 子ども達も、物語の世界にどっぷりはまった2泊3日のようで、

 親として、とてもうれしいです。

 世の中ゲーム等、ゴールが決まっているような遊びも多くありますが、

 自分たちで考え行動した経験は、きっと大人になっても勇気を形づくる要素になり、

 子どもたちを守ることだろうと思います。

 合宿のしおりは、宝箱にいれておこうと思います。

 書くのも大変だったと思います。とてもよい思い出となりました。

 

・合宿から帰ってきて、うれしそうに色々話していた。

 静かすぎてさみしかった。

 合宿に行く前に、ママがさみしくて泣かないようにと、

 お気に入りのぬいぐるみを置いてゆき、

 「僕は子どもだから携帯持ってないけど、

 透明の携帯で電話するから大丈夫だよ」と

 励まされて、逆にびっくりした。

 

・もう我が家は新田保育園を卒園しますが、できる限り合宿は

 代々継続してください。

 合宿中、職場の同僚にも、知り合いにも「2泊3日も?!」

 「合宿なんてあるの?」等々、驚きの言葉ばかりです。

 本当に貴重な歴史ある伝統行事です。

 同行する先生、園を守る先生、本当に一丸となってぞう組合宿を

 支えてくれている事に感謝です。

 こちらが感謝すべきなのに、「大事なお子さんを、私達を信頼し預けてくれて

 ありがとうございました」と、報告会での園長先生の言葉。

 同行する先生は、ケガ等に細心をはかり、2泊の間もゆっくり

 眠れなかったと思います。一緒に楽しみながらも

 しっかり保育をし、子どもを楽しませるために、全力を尽くしたと思います。

 感動したと涙を流してくれ、こちらが感動を与えていただきました。

 新田保育園に在籍しているから気が付かないけど、

 他の保育園にはないことがたくさんあります。

 新田保育園に入園して本当に良かったです。

 新田保育園のことしか知りませんが、りす合宿・ぞう合宿は、

 先生も子どもも親も、どの立場であっても

 他の保育園に自慢できるイベントです。

 

 お忙しい中、アンケートへのご協力ありがとうございました。

 

 

2018年06月08日

ようこそ!新田保育園へ

IMG_0473

 みなさん!お待たせいたしました。

ついにこの日がやってきました。「ようこそ、ちゃぼ!」

新田保育園で、ちゃぼを飼い始めてから20年以上経ちます。

白いちゃぼを探して、ついに出会いました!

 

昨年度、20歳になる卒園児が遊びに来て「ちゃぼ、まだ元気なんだ!」

と喜んでいました。(もちろん当時のちゃぼではありませんよ~)

 

卒園児、卒園父母の皆さん!応援ありがとうございます。

在園児で大切に育てます。

いつでも会いに来てくださいね。

 

 

 

2018年05月31日

おかえりなさい!

IMG_0469

 ぞう組が帰ってきました!

「ただいま~」という表情が誇らしげで、たくましく見えました。

保護者への報告会の後、子どもたちが入場。

一人ひとりに『合宿参加証』が送られました。

 

そしてお父さん、お母さんのところへ

ぎゅ~っと抱き合ったり、ハイタッチしたり、照れたり・・・

この瞬間は、どの子も最高の表情です。

お家へ帰って何の話をしているかな?

先生にも、たくさんお話聞かせてね。

 

様々なのご協力ありがとうございました。

2018年05月25日

合宿3日目

IMG_0838

 合宿最終日です。ぞう組17人全員元気です。

昨夜からの興奮が冷めやらず、話が盛り上がっております。

今朝も散歩へ。(写真は宿泊先周辺)
午前中は、宝探しをたのしみます。

そして・・・「おかえり~!」

15時頃の到着予定です。報告会は15時45分からホールにて

行ないます。ぞう組の保護者の方は、よろしくお願いします。

2018年05月25日

いよいよ・・・

IMG_0831

 この時間がやってきました。

そうです。会いにいくのです!

(子どもたちが大好きな絵本の主人公から、「会いたい」と手紙がきました)

 

この道を進みます。今の時間はもっと暗いです。

会えるかな?今年のぞう組は、どんな姿を見せてくれるのかな?

色々想像しながら、今日の夜を過ごしましょう。

離れていても、応援してるよ!

 

結果は、明日の報告会で・・・

 

 

2018年05月24日

お昼ごはんは

IMG_0826

 子どもたちが、きゃべつをちぎり、川原で手作りやきそばです。

石を集めて薪を燃やし、ダイナミックに調理!

「おかわり!」続出でした。

2018年05月24日

川遊び

IMG_0829

 宿泊先近くの川で遊びました。自分たちで作った船や水中めがねで川遊びを満喫。

なんと、カエルを発見!大騒ぎだったようです。

2018年05月24日

保育園では・・・5

CIMG0379

 0歳児みかん組が、ホールで身体遊び。

広いホールをハイハイしたり、段差や斜面を上り下りしたりと

全身を使って遊んでいました。

部屋に帰る前に、玄関の金魚にごあいさつ。

「あっ!」「あっ!」と指差しも盛んです。

 

 

2018年05月24日

保育園では・・・4

CIMG0370

 1歳児りんご組はお散歩。

昨日が雨だったため、「あめふっているかな?」と

葉っぱの傘をさして出発!

「あれ?太陽がまぶしい~」

今日は、日傘となりました。

2018年05月24日

保育園では・・・3

CIMG0382

 2歳児ことり組が、しめじを観察。鼻に近づけ匂ってみたり、裂いて比べたり・・・

本日のスープにしめじが入っています。

 

 昨日、ことり組で『牛乳を飲んだら消えちゃう』という内容の絵本を読みました。

おやつの牛乳を目の前に、「消えちゃうかも・・・」と心配そう。

そぉーとコップを持って『ゴクリ』

「あーよかった。きえなかったね」

友達と喜び合うことり組でした。

 

2018年05月24日

保育園では・・・2

CIMG0366

 いつもより、さみしいお庭。

「ぞうぐみは?」とひよこ組。

担任が合宿の話をすると・・・ひよこ組の子どもたちは

「パパとママがいいからがっしゅくいかな~い」

担任「川で遊んだり、花火や山登りもするよ」

ひよこ組「がっしゅくやりたーい」

会話は尽きません。

2018年05月24日

保育園では・・・

CIMG0376

 ぞう組が合宿を楽しんでいる頃、保育園では4歳児りす組が、

ぞう組から引き継いだ係活動を、取り組んでいました(写真は靴箱掃除です)

 昨日も、ぞう組が山登りをしている時間に

りす組の「ぞうぐみかんばれー」と応援する声が、

園内に響いていました。

 次は、りす組合宿(保育園に1泊)ですよ!

2018年05月24日

合宿2日目

IMG_0820

 「雨よ、降れ降れ、もっと降れ!夜中に降って朝には晴れて!」との

祈りが届いたのかな?飯能は朝から晴天です。

「おはようございます」元気に目覚めた子どもたち。体操をして・・・

あれ?17人じゃない?

ご心配なく、その後準備を終え合流、全員で周辺の探索活動にでかけました。

2018年05月24日

お待たせいたしました!

IMG_0814

 只今、連絡が取れました。

なんと!キャンプファイヤーも花火も外で出来た!とうれしい報告。

宿泊先に着いた時は、どしゃぶりだったようです。

 

園長先生の素話を聞いて、眠りにつくところです。

おやすみなさい。

お父さん、お母さんもおやすみなさい。

(写真は山の近くの池です)

2018年05月23日

下山のあとは・・・

IMG_0815

 無事に下山したあとは、自分たちで作った『はちみつレモン』で乾杯!

その後、宿泊先へ向かうバスの中は、ぐっすりお昼寝タイムです。

2018年05月23日

山登り

IMG_0809

 天気が心配されましたが、大雨に降られることなく、頂上へたどり着きました。

お家の方に作ってもらったお弁当が、なによりのパワーになったようです。

2018年05月23日

ぞう組合宿へ出発!

IMG_0790

 本日より、5歳児ぞう組が2泊3日の飯能合宿に出発しました。

17名みんなで参加できたことが、なによりうれしいです。

お家の方に見送られ「いってきます!」とあいさつ。

写真のクラス旗を持ち、目指すは多峯主山の頂上です。

頑張れぞう組!

2018年05月23日

合宿いってらっしゃい集会

IMG_0363

 明日から、5歳児ぞう組が合宿です。

本日幼児クラスで『合宿いってらっしゃい集会』を行ないました。

「がっしゅくってなに?」と聞く3歳児ひよこ組の子どもたちに

「お父さんもお母さんもいないところで、ぞう組だけでおとまりするの」と

誇らしげに答えるぞう組。

山に登る話をすると、「のぼるやまに、まだゆきはありますか?」

「やまのぼりに、もっていくものはなんですか?」と興味を持つのは4歳児りす組です。

最後にみんなで「合宿がんばってね」と伝えました。

 

集会の後には、ぞう組が毎日行なっている

『係活動』(写真は雑巾がけ)をりす組に引継ぎました。

 

「お土産よろしくね!」というと、「おかねないから、かってこれないよ」

「なんにもなかったらごめんね」と答えます。

『お土産・・・』それは、ぞう組1人1人が感じた気持ちや仲間との体験です!

「帰ってきたら、話をたくさん聞かせてね」と伝えました。

「いってらっしゃい」

 

2018年05月22日

ぞうぐみ合宿

IMG_0351

 いよいよ今週の水曜日から、5歳児ぞう組が2泊3日の飯能合宿に出発します。

本日、荷物点検を行ないました。お家の方が用意した衣類や道具を確認。

ていねいにたたまれた衣類から、お母さん方の想いが伝わってきました。

たのしい時間を仲間と共に過ごしてきます!

「晴れますように」と祈るばかりです。

2018年05月21日

ごみゼロ活動

IMG_0113

 先日、4・5歳児で足立区「ごみゼロ地域清掃活動」に参加しました。

ビュー坊から『町をきれいにするのが、僕の仕事だけど、大変だから助けて!』

と手紙がきて立ち上がる子どもたち。

近所の遊歩道を掃除しました。最初ははりきっていた子どもたちでしたが、

「あたまにくる」「どうして、ここにゴミをすてるの」

「おうちですててよ」と言っていました。その通りですね。

 近所の方に「ありがとう。きれいになったね」と言われ照れた表情。

足立区から『ビュー坊バッチ』をもらい、誇らしげな子どもたちでした。

2018年04月24日

「おかわり!」

IMG_22

 3歳児ひよこ組は、給食室の隣のお部屋。

自分でおかわりに行けることがうれしいようです。

おかわりの際に、給食室の先生と会話が弾みます。

先日子どもたちに「なにしてるんですか?」と聞かれて笑ってしまったとの給食室から報告がありました。

もちろん!給食を作っているんだよ~。

2018年04月24日

黄色い帽子

IMG_0263

 2歳児ことり組は、黄色い帽子がお気に入り。

どこへ行くにも「帽子!」とはりきっています。

「さようなら」「帽子かぶって帰るの~!」外はもう真っ暗だけれどね。

 後ろ姿からも喜びが感じ取れます!

2018年04月24日

おさんぽ

IMG_21

 1歳児りんご組は、おさんぽが大好きです。天気のよい日は、同じコースを毎日おさんぽ。

「ワンワン」「ぽっぽ(鳩)」と指差しをする姿に、担任はうれしい気持ちになります。

 先日、散歩をしていると、ご老人が側にきて「みんな可愛いね。君たちは日本の宝だ。ありがとう」とおっしゃっていただきました。本当にそうですね。あたたかい気持ちになりました。

2018年04月24日

入園、進級をして・・・

IMG_0262

 第70回入園、進級式から3週間。

環境変化がある4月の午睡は、緊張感が高まります。

0歳児は、担任のお腹がなる音で目覚めてしまう程です。

今年度より、足立区の補助金を受けて、ベビーセンサーを購入しました。

担任が離れずに見守ること、呼吸確認は今までどおり行ないます。

命を守る、より安全な環境が整いました。

2018年04月24日

第69回 卒園式

IMG_9716

 この季節がきました。大きくなったことをみんなで喜び合う日。

今年も17名の子どもたちが、新田保育園を巣立っていきます。

 

5歳児ぞう組の担任は、文集の中で

「ひよこ組から3年間、あなたたちと必死で向き合った毎日。

どんな遊びがすきか、どんな力をつけたいか、困っていることはないか、

不安なこと、表現できずにいないかな。みんなのことをいつも考えていました。

本当にこれでよかったのかと反省もたくさんしました。

でも、それでいいのだと教えてくれたのはあなたたちです。

苦手なことがあってもいい、間違いや失敗だって悪いことじゃない、

大切なのは、乗り越えようという気持ち、そして側にいてくれる仲間。

先生はあなたたちがいたから、やってみようと思えました。

ありがとう、そしておめでとう」

 

みんな!応援しています!

いつでも遊びに来てね。

新田保育園は、ずっと変わらずにここで見守っています。

2018年03月30日

0歳児『きんぎょをさがそう!』

IMG_9633

 1歳児りんご組が『いちご狩り』を楽しんでいる姿を見たみかん組の担任は、

みかん組でも楽しめないかと考えました。

みかん組で飼っている金魚が大好きな子どもたち。

「金魚がいなくなった」と、みかん組は園内に金魚の絵を貼り探しました。

事務所の職員も金魚のお面をつけてスタンバイ。

「いたいた!」指差したのは・・・

玄関で飼っている本物の金魚でした!

やっぱり本物には勝てないなあ~。

2018年03月30日

1歳児『いちご狩り』パート2

IMG_9142

 そして数日後・・・本物の『いちご狩りをしよう!』と本物のいちごを探し出発!

「あっ!あった!」と大興奮の子どもたち。

給食の時間は、自分で探したいちごを大事そうに食べていました。

2018年03月30日

1歳児『いちご狩り』

IMG_9043

 3月のある日、1歳児りんご組が、園内で『いちご狩り』を楽しんでいました。

紙で作ったいちごを探して、自分の持っているかごに入れていました。

「みてみて!」とうれしそうに見せてくれました。

2018年03月30日

生活発表『春まつり』

IMG_9791

 新田保育園、伝統の『ぶち合わせ太鼓』今年も年長児ぞうぐみが取り組みました。

「かっこいい姿をみてほしい!」と友達同士で教え合い、励ましあいながら当日を迎えました。

どのクラスも、その子らしく表現できるよう取り組みを進めてきました。

子ども達の姿に、笑顔と感動が広がりました。

 

<春まつりアンケートより>

・太鼓は最後まで心配していたのですが、本番では姿勢もかっこよく力強くできており、

 一生懸命練習してきたのが伝わってきました。

 急なトラブルも、みんなで乗り越える力があり素晴らしかったです。

 先生との信頼関係もしっかりあるのだと感じました。

 友達と助け合う、協力しあうことで成長できたと思います。

 「もうみんなで劇できないんだ~」と残念そうに言っていました。

 

・ぞう組みんな1人1人の個性が出ていて、

 それがまたチームワークとなってすばらしいものを作り上げていました。

 劇は、とっても楽しみながら演じているのが伝わり、

 セリフも大きな声ではっきり言えていたのでびっくりしました。

 ストーリーもおもしろかったです。

 なんだか赤ちゃんの頃を思い出してしまい、本当におおきくなったなあと、

 この春まつりを観てしみじみしていました。成長を再確認させていただいた1日でした。

2018年03月30日

ツリーとサンタクロース☆

IMG_19

 素敵なツリーと共に新田地域の癒しスポットを目指し、サンタクロースの壁面を作りました。

絵は保育園内の専門部会『美術部』が担当しました。

設置は地域の磯野工務店に依頼し、安全面も完璧です。

この写真のサンタクロースはだれでしょうか?

よく見てください。「なつかしい~」と声が聞こえてきます。

雨の日以外は毎日設置しています。是非遊びに来てください。

2017年12月11日

素敵なクリスマスツリー

IMG_7925

 保育園入り口横に設置した素敵なクリスマスツリーを見て
「新田保育園どうしちゃったの?」と何人もの人に聞かれました。

おしゃれとは無縁と思われている新田保育園なのでこの感想には頷けます。

ツリーやオーナメントなどは、バザーでもお世話になっているお花屋さんに考えていただき、

本物のもみの木を使っています。(だからおしゃれなんです!)

在園児94人と子育てサロン・一時保育の子ども達で作りました。

夜になるとやさしくライトアップされます。

地域の方々にも喜んでいただければと思っております。

2017年12月11日

4歳児主催『お店屋さんごっこ』

IMG_7877

 11月24日に4歳児りす組主催の『お店屋さんごっこ』を行いました。
4歳児中心に全クラスの作品が並びます。保育園に遊びに来ていた地域の方も参加し、
お店屋さんは大繁盛!食事はハンバーガーやさんになり「いらっしゃいませ!」
保育士が「お昼はハンバーガー、おやつはケーキ、幸せだな」と言うと
りす組の女の子が「先生、ここは天国だよ」と言っていました。おもしろいですね。

2017年11月30日

5歳児「芋掘り」の絵

IMG_7739

 芋掘りを体験した5歳児ぞう組が、オリジナルの芋を新聞紙で作りました。
色も「茶・赤・青・・・」と、考えながら塗りました。掘っている自分も描き、完成です!
作品の子ども達もいい表情しています。

2017年11月30日

やきいも大会

IMG_7730

 5歳児ぞう組が掘ってきた芋で『やきいも大会』を行いました。
子ども達がお昼寝から起きた時には、ほくほくのおいもが出来上がっていて子どもたちは大喜び!
庭に集まり、あつあつのおいもをフーフーしながらおいしくいただきました。
みんなで「ぞうぐみさん、おいもをたくさん掘ってきてくれてありがとう」
と伝えました。畑で育ててくれた方も含め「ごちそうさまでした!」

2017年11月30日

千住消防署に表彰されました!

IMG_18

ある日ポストにに消防署からお手紙が届きました。
手紙には「新田保育園の防災の取り組みを表彰いたしますので、表彰式に来てください」
と書いてありました。救命救急研修を消防士さんを招いて行ったり、
水害のための避難訓練など園独自で計画を立て、
訓練を行ってきたことが評価してもらえたようです。
しかし、人生で表彰されたことがない野村園長は表彰式など恐れ多くて
「本当に頂いてよいのでしょうか?」と消防士さんに聞きました。
「厳正なる審査を経て決まったのです。堂々ともらってください!」
と言われ安心いたしました。命や身体を守ることは、保育で1番大切なことです。
これからも職員と子どもたち、保護者の皆さんで災害に備えてまいります。

2017年11月30日

遺志を継ぐ「偲ぶ会」

IMG_17

青空保育の時代より、新田保育園の礎を築いてきた
元園長先生の『偲ぶ会』が10月28日に保育園のホールで行われました。
縁ある方々が60名以上集まり、思い出話を語り合いました。
創立当時の話や父母との絆を聞いた新人職員は
「すごい保育園に就職した」「歴史が他の保育園とは違う、もっと頑張らなければいけない」
「深く思うことがたくさんあった」と言っていました。
私達は、新田保育園の職員として先生の遺志を受け継ぎ,
感謝の気持ちを保育で示していくしかありません。
誇りと責任を改めて感じることができ、忘れられない1日となりました。

2017年11月22日

運動会開催したい!

IMG_0784

 ・・・とはいえ天気が心配です。

野村園長先生は、朝から何度も天気予報を確認し

「神様、仏様、子どもたちのために・・・」と祈っておりました。

玄関にも、てるてる坊主を作りました。それを見た子どもたちは

「なんで、ゆきだるまがここにあるの?」とつぶやいていました。

子どもたちに救われます!

2017年10月06日

運動会

IMG_0573

 いよいよ明日は、運動会です。

年長のぞう組は竹馬・リレー・競技などに取り組んできました。

なにより、たくさんの話し合いを重ねて色々な気持ちを体験し、明日を迎えます。

小さいクラスの子どもたちは、いつもの姿、そのままで本当にかわいいです。
そんな子ども達の成長を、みんなで喜び合える日にしたいですね。

晴れますように!!

2017年10月06日

玉ねぎ続2(続玉ねぎ)

IMG_0111

 玉ねぎの皮、どこまでが皮?そこで・・・白い部分も剥いてみました。

剥いていると「目が痛い」「涙がでてくる」「なんでだろう」子どもにとっては不思議な体験。

給食のみそ汁に、ことり組が剥いた玉ねぎが入っていました。

2017年08月30日

野菜2(玉ねぎ)

IMG_0106

 2歳児ことりぐみの今回は、「玉ねぎの皮むき」薄皮を剥いています。

2017年08月30日

野菜(とうもろこし)

IMG_0328

 2歳児ことりぐみは、野菜や果物に興味をもつよう皮を剥いたり、目の前で調理したりしています。

少し前になりますが、とうもろこしの皮を剥きました。おやつで食べ、その後の制作がこちらです。

「おいしそう」と見ていると「いっぱいあるよ」「あげる!たべていいよ」「みんなでつくったんだよ」と

誇らしげな表情をしていました。

個性的な作品ばかりで、楽しい気持ちになりました。

2017年08月30日

保育園の庭

P1070485

 保育園の庭で見つけた幼虫を、朝から夢中になって観察している子どもたち。
そこへ給食の先生が蜂蜜を持って来てくれました。
「うん?」と幼児組の担任。「おれたち(が頼んだ)、ありがとう」とうれしそう。
なんと図鑑を見て考えたらしく、給食室に直接お願いをしていたのでした。

高級国産蜂蜜を石の上につけ「おいしいよ、たべるかな」と、満足そうな子どもたちでした。

幼虫が蜂蜜を食べる?答えは大人が教えるのではなく体験から学ぶでしょう。

幼虫観察はまだまだ続きそうです。

2017年08月10日

プール3

IMG_9962

 そしてみんなで『洗濯機ごっこ』
ぐるぐる回って、流れるプールになったら・・・
浮く~「気持ちいい!」

2017年07月25日

プール2

IMG_9949

 「水に顔をつけられるよ!」並んで見せてくれました!

2017年07月25日

夏本番!

IMG_9953

 梅雨も明け、気温の高い日が続いております。「やったープールだ!」
保育参観でお父さん方に設置しもらった幼児プールです。
5歳児ぞう組『バタ足』顔が見えない程の水しぶきです。

2017年07月21日

りす合宿!

P1070471

 4歳児りす組が、保育園に1泊合宿をしました。
まずは北区豊島8丁目にあるお風呂屋さんへ。
(『豊島浴場』の皆さん、様々なご協力と温かいお心遣いありがとうございました)
みんなで汗を流した後は、宝探しを楽しみながら、園に帰り夕食を囲みました。
食後はスイカ割りを楽しみ、浴衣に着替えたらキャンプファイヤー、花火、ちょうちん行列と目白押し。
園長先生の素話を聞きながら眠りにつきました。
次から次へと楽しいことがやって来て、気づいたらもう朝でした。
「おはよう!」の表情に、ドキドキしながらも、友達や保育者と一晩過ごしたという自信がみられました。

 掲載している写真はなんだと思いますか?
正解は『ちょうちん行列』です。子どもたちは「夜におさんぽ、なんか楽しいね」と話していました。

<保護者のアンケートより>
◎スケジュールを追いながら、今頃は○○をやっている頃かな?と、常に思っていました。
 寂しかったです。静かだったです。親には絶対にできない体験をさせて頂き有難いです。
 今後もぜひ合宿は続行してください。他園ではやっていない取り組みです。
 大切な取り組みだと思います。

 

◎いると騒がしく、めんどうなことも多々あるのですが、いないと急に静かになったようで、
 なんだかさびしく、今ごろ何しているのかなあ・・・と兄と話していました。
 本当に楽しそうで、もし自分が子どもだったら、宝探しもやってみたいと思えるほど、
 素敵な合宿だったと思います。子どもたちのキラキラの思い出ができた事を感謝しております。
 新田保育園生でよかったなあと思います。

 

2017年07月04日

専門会議

IMG_9557

 新田保育園では、子どもの姿や対応について話し合いを多くもつようにしています。

 先日行った『専門会議・給食部会』でおもしろい話が提案されました。ある日の食事中「この給食はまずい」と子どもが言ったそうです。担任は「まずい」という表現に違和感を感じました。でも子どもが獲得した言葉の中から選んで自己表現していること、相手に伝えたいと表現したことは受けとめたい。年齢や発達により対応は違いますが、担任はこう答えました。「先生はこの給食おいしいよ、同じものを食べているのに感じることが同じではないんだね」

 このあとの給食委員会でも議論が続きました。みなさんはどう考えますか?子どもの話は尽きませんね。

2017年06月21日

心から感謝です

P1070439

 6月10日(土)幼児組の保育参観がありました。子ども達の張りきる姿が微笑ましかったです。親子で楽しいひとときを過ごすことができたかと思います。
 そして参観終了後は、新田保育園恒例の園内整備です。お父さん達の力を借りて、プール出しや日よけシートの設置などを行いました。この日は暑く、汗をかきながらの作業、本当にありがとうございました。
 この日記を見て「懐かしい~」と思った卒園父母の方もいるかと思います。この伝統は続いております。
 新田保育園は、保護者の皆様や地域の方々の理解と協力により成り立っているとつくづく感じます。

夏、プール遊びを楽しむ子ども達の姿が目に浮かびます。本当にありがとうございまいした。

2017年06月16日

ぞう組合宿行ってきました!

P1070406

 5月の24日から2泊3日で、飯能へ合宿に行ってきました。山登りや川遊び、キャンプファイヤーに宝探しなど、友達と一緒に様々な体験をしました。2泊3日お家の方から離れて過ごすことは、子どもたちにとって大冒険です。「ただいま」と帰って来た時の子ども達の表情は、照れながらも自信に満ちていました。

<保護者のアンケートより>
◎合宿の体験は、子どもの心を豊かにすると同時に、自分でできる事がたくさんあることに気付く、とても大切な体験だと思います。また、家族の中で我が子の存在も再確認でき、帰ってきてから兄弟がとても仲良くなっています。友達の存在もとても大きくなったと思うので、思いやりの心も同時に育ったかな・・・と、うれしく思います。

◎不安やさみしい気持ちはありましたが、機会があればまた行かせたいです。本人も「もう1回合宿に行きたい気持ちだよ」と言っていました。帰って来た時に、私の荷物を自分から進んで運んでくれたのです。そんなちょっとした事が、とてもたくましく見えました。がんばり表に取り組んだ事や合宿に行ったことで、自分の事を自分で進んでする力、友達を思いやるように家族を思いやる、色んな力がついてとても成長したように見えました。

◎保育園という社会の中で、こんなにすごい経験をさせていただき、ありがたいと思っております。
合宿だけではなく、新田保育園のすべての行事や日々の生活等意味があり、新田保育園らしい保育方針で子どもが見守られ成長していけること、本当に新田保育園でよかったと思っています。これから先、何らかの合宿に参加することはあるかもしれませんが「ぞう合宿」ほど、強い理念をもって望む合宿はないと思います。

 新田保育園「ぞう合宿」は、たくさんの方々のご協力があり成り立っています。心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

2017年06月02日

新しいマット

P1070393a

 可愛いマットが、保育園に届きました。保育園の玄関に置いた翌日が雨でした。
すっかりよごれているだろうと見てみると・・・
購入時と変わらずきれいな状態。

子ども達も保護者の方々も、マットを踏まないように登園していました。

「だって小人さんかわいそうだから」
そんな気持ちに心が温かくなりました。

2017年06月01日