運営方針と保育目標

園内イメージ

新田保育園の理念

『共に生きる喜びの中で』  - みんなでつくる みんなの保育園 -
新田保育園は、地域の方々の支援によって、子どもたちの保育と育ちを保障する保育園として設立されました。
私たちは「憲法」「児童憲章」「児童福祉法」「こどもの権利条約」を基本に次のことを大切にしていきます。
(1)子ども一人一人を尊重します。
(2)保育の仕事に責任を持ちます。
(3)保護者と共に育て、共に育ち合う関係を大切にします。
(4)子どもと子育てが大切にされる社会の実現をめざします。

=そのために私たちは次のことをめざします。=

1.『子ども一人一人を尊重』し、子ども自身が愛されている実感を持てるように保育をします。
◎子どもの発達を保障し最善の利益を尊重します。
◎子どもを理解するにあたり、一人一人の要求や思いを大切にし、生き生きと育つ集団生活の場に
 していきます。
◎子どもに生きる喜びと力を育む保育(養護と保育)します。

2.『保育の仕事に責任』を持ち、全ての子どもの発達を保障します。
◎専門職として常に人間性と専門性の向上に努め、研修や自己研鑽して、保育の質を高めるために
 努力し責務を果たします。
◎職員一人一人の仕事への思いや願いを理解・共有して、職員一人一人がやり甲斐と役割が果たせる
 職員集団づくりを大切にしていきます。
(チームとして子どもたちの保育にあたることを基本とする)

3.保護者と『共に育て、共に育ち合う』関係を大切にします。
◎子どものすべての家庭に対して、国籍・思想・信条・宗教などによる一切の差別をせず、
 対等・平等な関係に努めます。
◎保護者との協力関係のもと、安心して就労できるよう子育て支援をします。

4.保護者・地域と共同し『子どもと子育てが大切にされる社会の実現』に向けて行動します。
◎子どもにとって必要な保育環境・条件づくりの為に行動し児童福祉の増進に努めます。
◎地域の人々・関係機関と連携し子育て支援の輪を広げていきます。
◎子どもたち・国民が大切にされる平和な社会の実現に向けて行動します。


保育目標

一人ひとりの子供を大切にし、その年齢なりの発達をおさえながら、子ども集団の生活を通して

※心身ともに健康で、情緒の安定した子ども
※自分のことは自分でする子ども
※仲間を大切にし、仲間の中で育つ子ども
※よく見、よく聞き、よく考えて力いっぱい表現できる子ども
を育てることを目標にします。
保育目標を達成するために、保育園をこんな場にしていきたいと思います。
※それぞれが自分の存在感を持ち、仲間と安心してくつろげる心地よく楽しい生活の場
※さまざまな体験を通して成長する喜びと自信を育てる場

保護者の皆様との連絡・協力体制

園からは、園だより、連絡帳、クラスだより、クラス掲示、給食掲示、どてのこ(毎月の保育の様子)等を通して、随時保育に関わる様々なことをお伝えいたします。
給食の献立は毎月のお便りでお知らせします。
その他に年に3回くらい懇談会を行い、クラス状況をお知らせしたり、子育てについて話し合います。
さらに、個人面談、家庭訪問、保育参加を行い、保護者の皆さんとの話し合いを大切にしながら、保育を進めるようにしたいと考えています。